質屋の質流れ品とは

質屋では、基本的に品物を担保にしてお金を貸します。

その品物は担保として一定期間保管され、お金が返済されると元の持ち主の元へ戻ります。

ところが、返済期間を過ぎてもお金が返済されない場合、担保となっている品物は、「質流れ」といって質屋に所有権が移ります。

質屋におけるお金の貸付期間は3ヶ月とされており、利子などを支払うことでこれを延長することも可能です。

また、この貸付金における取立てなどをする必要はないとされています。

こうした背景を受けて、初めから返済するつもりもなく質入してお金を借りる人がいますが、これは違法ではありません。

返済することを前提としているものの、両者の合意した適正な評価額で貸付を行い、それに見合った担保を質入しているわけですから、担保の所有権が質屋に移るというだけのことです。

こうしてみるとリサイクルなどと変わらないように見えますが、質入はれっきとした貸金業です。

借主は借入金を返済することで質草を取り戻すことができますし、借りたお金には利子がつきます。

ですから、どういう形でお金を手にしたいのか、借りるのか買い取ってもらうのかをしっかりと決め手利用することが大切です。

質屋 渋谷と五反田 買取 金利0円 創業90年の須賀質店